愛と地獄と至高の人生

オタクがなんか書きます

あなたは醜い

梅雨が明けて一旦回復した気がしたけど、なんだか最近ずっと心も体もしんどくて気が滅入ります。こうやって考えていることを文字にしているといくらか気が紛れます。でも最近暑さで頭をやられているのか、今回は支離滅裂な文章を書いてしまいそう。話があっちこっちに行ってまとまりがないかもしれません。ご了承ください。

 


歳を重ねると自由が増えて楽しいです。でも私は自由を与えられると何をしたらいいのか分からなくて、何をしたいとかどこへ行きたいとかも考えてみると意外とあんまりなくて、それが最近なんとなくしんどく感じてしまいます。ほとんど何にも望むものがないのに、好きな男に会いたいという気持ちだけはずっとある。告白して一旦スッキリしたのに、やっぱりずっと好きなままです。悪い部分もそれなりに知っているのに、好きなところがいっぱいありすぎてずっと魅力的に映ってしまって困っています。執着することは疲れるのでやめたいのですが。

 


他の周りの人たちは時々私のことを褒めてくれるのですが、好きな男は全然褒めてきません。意地悪なことばかり言います。冗談で少しバカにしてきたりもします。でも好きな男は誰よりも「ポンコツな私」をそのまま受け入れて大事にしてくれるのです。具体的にどんな風にとうまく言葉にできないけど、普段自分のことに対して否定的、悲観的によく考えてしまう私が好きな男と一緒にいる時だけは、余計なことを考えず自然に、自分のことが少しだけ好きになれるのです。

 


自己肯定感というワードを最近ネットでよく見かけます。きっと自分に自信がない人が世の中に多いのでしょう。

さんざんTwitterで定期的にバズってきたので、今さらかもしれませんが、自己肯定感とは「自分はすごい!」と思う気持ちではなく「自分はすごくないけどまぁいっか!」とダメな自分を許す、ありのままの自分を愛するという気持ちのことを言うらしいです。好きな男といると自己肯定感が高くなるからいつもの息苦しさがなくなるのだなと思います。

 


「人生のテーマソングを選ぶなら?」と問われることがあれとすれば、迷わず答える二曲があります。橘いずみの「失格」と米津玄師の「あなたは醜い」です。どちらもメロディーが好きでよく聴くとかではなく、どうしようもなくなった時に歌詞を見て言葉を噛み締めながら、ポンコツな私も生きていていいのだと、自分のことを抱き締めて、今まで生きながらえる支えになってきたような、そんな歌です。「あなたは醜い」は今は音源がどこにも残っていない、短期間だけ配信された幻の曲です。いつかまた世に放ってほしいけど、今の米津玄師の作風とは少しマッチしないのかもしれません。この二曲は最初から最後まで美しく魂ふるえる詩なんですが、特に大好きな部分を紹介して終わります。「失格」は原曲ではなく、この曲を知るきっかけになったmiwaとのコラボバージョンがとても良いので、そちらのリンクを貼っています。

 

 

もっときれいになって もっと上手に遊びたい

もっとまじめになって

もっとたくさん学びたい

たったこれっぽっちの生きざまをひとり振り返り

四の五の理屈を言ってる私を愛したい

−失格/橘いずみ

榊いずみ×miwa 「失格」 - YouTube

 

あなたは醜い一人じゃ生きられない

それすら信じないあなたは醜い

それでもあなたを私は愛したい

一人で死ぬ日まであなたを愛したい

–あなたは醜い/米津玄師

あなたは醜い | 米津玄師 official site「REISSUE RECORDS」

ベストコスメ上半期みたいなの

オタクがコスメについて話すとろくなことがありませんが、好きなのでここ一年くらいで買って良かった・よく使うものを紹介します。

 

全部自分で勝手にそうかな?と思い込んでるだけなので正確には分かりませんが、混合肌でイエベ秋だと思いながら生きてます。パーソナルカラー診断一度受けてみたいな〜

 

 

⚪︎スキンケア、ボディケア

f:id:Poodle:20190707164536j:image

ちふれ コールドクリーム

有名なやつ。ボトルに手を突っ込んだりスパチュラわざわざ使うのが嫌なので詰め替え用を適当なポンプに入れて使ってる。時間ある時にこれで化粧落とすのが好きです。


f:id:Poodle:20190707021335j:image

無印良品 乳液 しっとりタイプ

化粧水は前から使ってたのに乳液は使ったことがなかった。安いし使い心地いいし無印良品はサイコー!


f:id:Poodle:20190707021338j:image

shiro アイスミント ボディローション&ミスト

暑がりなのでバズった翌日くらいには買いに行った(アクティブ)

めちゃくちゃスーッとします。暑がりや汗かきやすい人にオススメ。朝会社行く前ローションつけて出社したらトイレに置いてるミストの方で通勤で暑くなった体を冷やしている。

 

 

⚪︎ベースメイク

f:id:Poodle:20190707164610j:image

エリクシール おしろいミルク

クッションファンデだけでもいいけど、これ付けてる時の方が崩れにくい。日焼け止め効果もあるのがいい。つけ心地が軽い。

 

f:id:Poodle:20190707022609j:image

ミシャ クッションファンデ プロカバー

前はマットを使ってたけど数百円足してこっちを買った方がいいかなと思います。マットも良かったけどこっちはさらに良い。朝化粧するのが本当に楽。安い。ミシャはコンシーラーも結構良かった。

 

 

⚪︎アイブロウ、アイシャドウ

f:id:Poodle:20190707164704j:image

メイベリン アイブロウペンシル BR-5カーキブラウン

ずっとエクセルのアイブロウペンシルを使ってたんですが、髪を緑っぽさが強いアッシュにしたらエクセルのアッシュブラウンだとちょっと合わなくてこれを買ってみたら描きやすくて良かった!アッシュ系の髪色の人にオススメ。

 

f:id:Poodle:20190707164907j:image

キャンメイク パーフェクトマルチアイズ 03 アンティーテラコッタ

右上の色や下段真ん中の色をアイブロウパウダーとして使ってる。アッシュっぽい髪色の時は04番の方のパレット使う。それ以外の時使う03の方はよく使うので無印のケースに入れ換えて常に持ち歩いてます。一番薄い色はノーズシャドーにも使う。もちろんアイシャドウにも使う。便利!

 

f:id:Poodle:20190707165452j:image

エクセル アイシャドウベース

長い間キャンメイクのチューブに入ってるやつ使っててそれも結構良かったんですが、元のまぶたの色がくすんでる人は色補正できるこっちがオススメ!

 

f:id:Poodle:20190707165610j:image

NARS #3045 SURABAYA

イエベ秋の人に人気なアイシャドウ。タッチアップした時にめちゃくちゃいい感じで秒で買った。4〜5色あるパレットだとどれをどう使うか悩んじゃったりするので2色だけのアイシャドウが結構好き。

 

f:id:Poodle:20190707170052j:imagef:id:Poodle:20190707170056j:image

マジョリカマジョルカ BR583 & BE384

人気のコルクとテディ。大体2色セットで使う。この2つ使って化粧した日は男の人に褒められる確率上がる。マジ。(強く言うと嘘っぽく聞こえるね)

 

 

⚪︎チーク

f:id:Poodle:20190707170735j:image

セザンヌ チーク 05 ベージュオレンジ

めちゃかわいい!これも男ウケアップコスメだと思う。

 

f:id:Poodle:20190707170948j:image

マジョリカマジョルカ クリームチーク OR313 カスタードクリーム

筆でつける感じのやつなので分量難しいけど色かわいいし内側からの血色感みたいな色が出ていい。

 

f:id:Poodle:20190707171246j:image

キャンメイク クリームチーク 16 アーモンドテラコッタ

人気色。クリームチーク楽すぎて大好き。

 

 

⚪︎リップ

f:id:Poodle:20190707171456j:image

セザンヌ ティントリップ CT4

なかなか売ってるの見ないけど値段のわりに持ちいいし色味がかわいいし良!

 

f:id:Poodle:20190707171729j:imagef:id:Poodle:20190707171725j:image

ロレアルパリ ルージュシグネチャー 116ベージュブラウン & 112オレンジブラウン

食べたり飲んだらした後も唇に色が残ってくれるのでお直しするタイミングが少ない飲み会とかの時はこれかNARSのパワーマットピグメントの2択。(上のセザンヌのやつも二軍レベルに持ちがいいよ!)

冬は116をよく使ってたけど夏になってから112をよく使う。

 

f:id:Poodle:20190707172240j:image

ちふれ リップ 744 ブラウン系パール

安い!これにクラランスのリップオイルのハニーグラム重ねるとめちゃカワ。

 

f:id:Poodle:20190707172439j:image

コフレドール スキンシンクロルージュ EX-02

河北コラボの限定品。この浜辺美波ちゃんの写真見て欲しすぎて発売後即買った。ブラウンだけど使いやすくてお気に入り。限定なのがもったいない。

 

f:id:Poodle:20190707173812j:image

クラランス リップオイル

好きすぎて4色持ってる。ブラックベリー通常販売するようになって良かった〜。最近はタンジェリンとハニーグラムをよく使う。

 

⚪︎ネイル、ヘア

f:id:Poodle:20190707172806j:image

essie トップコート

ネイルズインクのトップコートがあまりにも売ってないのでこれでいいか…と買ってみたらこれで大満足した。乾くのはネイルズインクより遅いんだろうけど一週間ネイル持ってくれて感動。値段も2000円以下なのでオススメ。

 

f:id:Poodle:20190707173217j:imagef:id:Poodle:20190707173221j:image

キャンメイク ネイル N17クリームチャイ & N29ミルクシロップ

他の色も持ってるけど特に使いやすいイチオシの2色はこれ!キャンメイク、安いのに良いものが多くて企業努力…と思う。

 

f:id:Poodle:20190707173445j:image

ネイルホリック BE301

ベージュ系の色が好きでいろんなメーカーのやつ何個か持ってるけどこれは本当にナチュラルなTHEベージュ!って感じの色でよく使う。

 

f:id:Poodle:20190707174619j:image

&honey シャンプー&トリートメント

春に売ってたさくらのやつを買ったんですが、まず見た目がかわいいからお風呂場に置いててなんかハッピーな気持ちになる。めちゃくちゃ髪が良くなったりはしてないけどドラッグストアの安いシャンプー使ってた時よりは髪が綺麗になった。


f:id:Poodle:20190707174623j:image

プリュスオー ハイドロミスト

トリートメントの前につけると美容院でトリートメントしてもらった時みたいになる!プリュスオーはアホ毛を抑えるスティックみたいなのも持ってるけどそれもなかなか良いです。

2019年上半期聴いてほしい曲19選

一年に一回書いている聴いてほしい曲のブログ、今年から上半期下半期で分けようかなと。

 

2019年上半期にリリース、またはMVが公開された楽曲で好きなものを淡々と貼っていきます。よければ聴いてみてください!

 

 

1.Boom Boom Boom/KIRA ft.GUMI

"Like a the bass drum Baby make me mo-o-ove to your rhythm"

海外在住のボカロPのダンス!ノリノリ!な感じの曲。

 

 

2.GHOST/まふまふ×nqrse

"Bow to this "Art's an explosion"!"

まふまふには珍しい全部英詞の曲。

 


3.アレ/斉藤和義

"引っ掻き傷は残せたかい  自分だけが知ってるアレだよ"

家売るオンナの主題歌。斉藤和義の曲は心にじんわりくる感じのものが多くて良いですね。きっと歳を重ねるたび良さに気づいたり共感する部分が増えていくんだろうなと思います。

 


4.乙女解剖/DECO*27

"恥をしたい  痛いくらいが良いんだって知ったあの夜から"

DECO*27のボカロ曲、安心する。

 


5.Free!Free!Free!/竹内アンナ

"Break all your walls."

これからもっと売れそう。朝や天気のいい日に聴くのがオススメです。

 


6.スキライズム/フレデリック

"純情感情論争 あなたのそういうところが嫌いです"

なんとなく好きなのが悔しい一面もあるんですが、やっぱり耳に残るノリやすい曲を作るのがめちゃくちゃ上手い。

 


7.99.9/MOB CHOIR feat.sajou no hana

"YOUR LIFE IS YOUR OWN."

99もかっこいいけどさらにかっこいい!大好きなキタニタツヤが作詞作曲していて納得。サビよりAメロのこれからおっ始める感が好きです。

 


8.クーロンズ・ホテル/てにをは

"机上の九龍 架空の神龍 誰かを愛す気持ちはUNKNOWN"

遊び心があってニッチな感じがボーカロイドの曲!って雰囲気で好きです。宮下遊の歌ってみた版も良い。

 


9.DENKOUSEKKA/ポルカドットスティングレイ

"指名手配犯の感情は 触れちゃいけない神秘さ"

上半期1.2位を争うくらい聴きまくった。雫さん、戦略的に音楽をやっていて進化を続けていてすごい。バンドって結構初期の頃の曲が一番良かった〜と思うことが多いんですが、今のところ年々新しさを取り入れてどんどん良くなっていってるように感じます。

 


10.don't you want me/PSYQUI ft.such

"揺れる自分の言葉じゃ届かない you and I"

上半期知れて一番良かったと思ったアーティスト。調べてもあんまり詳しいことが書かれていない露出の少ないトラックメイカー。ジャンルで言うとEDMとかクラブミュージックなのかな?と思うんですが、アニメ音楽みたいな要素も感じて聴きやすいです。

 


11.Wonderland/iri

"くだらないジョーキング 答えのないトーキング"

結構売れてる気がしますが、これからもっと売れそう。特に良いことが何もなかった日に帰りの電車やバスに揺られながら聴きたい。

 

 

12.Sad Girl/キタニタツヤ

"からっぽだね、きみ 死にゆく獣の眼みたいだ"

卑屈、暗い曲を作らせたら今右に出るものは居ないんじゃないかと言うくらい救いのない曲を作るのが上手い。

 


13.SLEEPWALK/ヒトリエ

"「愛してみようぜ」「失ってみようぜ」あたしの思うままに愛してみようぜ"

ヒトリエで一番好きな曲。音も詩も最高で初めて聴いた時の衝撃が忘れられない。これからめちゃくちゃ売れそうな気がすると思って楽しみにしてたタイミングでボーカル・作詞作曲をしているwowakaさんが亡くなったので本当に悲しかったです。今の自分に響く歌詞で、人生の中で大事な励みにする曲の一つになりました。下半期これを越える歌が出てこなければ年間MVPはこの曲だろうなぁ。

 


14.一か八か/PassCode

賽の目に光る明日を賭けてみろ"

賭ケグルイの実写ドラマのOP。賭ケグルイライアーゲームデスノートに並ぶくらい面白く作られている実写化成功作品なのでオススメです。有栖川帝統のイメージソングでもある。

 

 

15.Hoodstar/Division All Stars

"てか何しに生まれ謳うかを その目その耳で確かめな"

今回の全員曲は曲調が今までと違う感じで面白い!本当にヒプノシスマイクは曲がいいな…

 


16.バケノカワ/ポルカドットスティングレイ

"退屈は嫌い 二番目なんてヤダ"

モード学園のCMソング。「一番になるぞ」「はみ出し者でも良いじゃないか」みたいな学生に向けた曲にも感じるし「退屈な恋はしたくない」「二番目の女なんかヤダ」みたいな恋愛ソングにも聞こえる。

 


17.mummy mummy/BIG MAMA

"人のフリをして生きているのは誰"

ドラマ賭ケグルイのEDソング。雰囲気がすごく合っていたので映画の主題歌もこれが良かったんじゃないかな〜なんて思いました。

 


18.やる気のない愛をThank you!/吉本坂46

"見つめ合ったって変わらない 運命の出会いじゃないんだ"

吉本坂、全然興味なかったんですがこの曲を知ってめちゃくちゃかっこいい!と気になりました。男女混合グループって色々難しいと思うんですが、歌も踊りも男女混合の良さが最大限に出ている。男性が高い方のパート、女性が低い方のパートを歌っているのが珍しくて良い。MVもかっこよくて好きです。

 


19.Hook'd/KIRA

"You're been captured,compromised"

1曲目に紹介したボカロPの本人歌唱曲。曲はもちろん歌声がめちゃくちゃかっこいい。

愛しくてたまらない

好きな男についてです。たぶんこの話に関しては最後になる気がします。

 

_

 

 

誰も好きな男の代わりになれない 私だって、たとえば仕事を辞めて新しい人が入ったら仕事はきっと滞りなくいつもみたいに進むけれど、本当の意味では誰も私に代われない

 

 

気持ちを伝えられたらいいと思っていた それだけでいいと思っていた でもいざ言うぞと思い始めたら、何か少しだけ救われたいと思ってしまう 始まる前に終わっている恋なのに 人間っていやな生き物だな

 

 

奥さんと別れてほしいと思ったことはない気がする ああ、文句言ったり長年一緒にいるから飽きたとか言うけどなんやかんや大事にしてるんだな、と思う瞬間がたまにある 好きな人をずっと大事にできる所も素敵だなって思う だからもうずっとこんなに苦しいんだよね

 

 

好きな男と奥さんはすごく長い間付き合って結婚して今もお互い文句を言いつつ離婚の話が出つつも二人でいる 私は好きな男と出会ってたった1年半くらいで、毎日一緒に居たわけでもなくて、言葉すら交わさない日だって沢山あって、若い頃何してたとかはいっぱい聞いたことあるけどきっと好きな男のこと全然知らなくて、好きな男も私のこと何も知らなくて、それでも話しかけてもらえただけで嬉しくなってしまうくらい好きになったり、こんなにずっと苦しいのに大切な、きっと奥さんに貰ったであろう失くしたブレスレットを探しに行こうって言って一人で傷ついたりしている 何も知らないし、全然かっこいい見た目だってしてないけどそんなことどうでもいいと思えるくらい好きだったし、きっとずっと好きだよ

 

 

好きな男にどうして欲しいの?みたいなこと聞かれたとしたら、上手く答えられないな 自分のことなのに好きな男に何を望んでいるのかわからない でも、出来ることならそばにいて欲しいなって思う

 

 

決めたじゃないか 誰も終わりにしてくれないから自分で終わらせなければいけない

 

 

言うぞって決めた日から好きな男が海外旅行に行ってしまった 他の人が毎年行ってるのだと教えてくれた なんだ、ビンタされたり何回も離婚の話したり不満があってもやっぱり毎年旅行行くくらい奥さんと仲良しなんじゃん 知らなかったから頭から水かけられたみたい

 

 

一週間延期になった告白の日が来るまでは毎日涙が止まらなかった やっぱり言うのやめておこうか 言った後にまたいつも通り話せるだろうか 面と向かって振られるのってどれだけ辛いんだろうか 傷ついてもそれからなんとかやっていけるのだろうか 自分の思いを伝えるのってこんなに怖いことだったのか

 

 

決戦は金曜日 店とってあるの?とメールが来て適当にどこか空いてる店でいいかとか思ってたけど前日に慌てて店を予約したら行きたい店や行ったことある店は予約がとれなかった 本当にポンコツ 対面だと緊張するから横並びで座れて好きな男が煙草を吸える店を選んだ

 

 

お昼までは元気だったのに約束の時間が近づくにつれて体調が悪くなった 華の金曜日 楽しそうな人が行き交う中ベンチで1時間くらいうずくまっていた メイクも髪も服装もいつもよりほんのちょっと気合い入れたのに情けない

 

 

「他に誰か来るの」ってメールが来た 相談したいことがあるって初めて私からご飯に誘ったけど、他の人もいると思ってたのか 他の人がいた方が良かったのかなぁ すぐ落ち込む女

 

 

最初はいつも二人ともビール 店員さんにおまかせで料理を頼んだけど途中から食べれなくなってきて「三戸ちゃんあんま食べないのにおまかせにするからじゃん」と怒られた いつもに増してダメダメだな

 

 

仕事の話とか旅行の話とかした GWに温泉に行った話したら写真見せてって言われたけどそんなに写真撮ってなくて分かりづらい写真やかわいく映れなかった写真ばっかで見せれるものが全然なかった 全然見せてくれないと文句を言われた もっと写真撮ってたら盛り上がれたかなぁ

 

 

ほぼ毎回聞いてくるからきっと今日も「彼氏できた?」って聞いてくるんだろうなと思った だからそう言われたら「できてないんです。なんでできないと思いますか?」と言って「ずっと好きな人がいて、でもその人とは付き合えなくて、他の人に目を向けてみてもなかなかダメで」みたいな感じで会話持っていけないかなぁと思ったらやっぱ「彼氏できた?」と聞かれてなんでできないと思うかと問えば「色気がないからじゃない?」と言われた それ気にしてるやつ〜自覚してるやつ〜よく分かっていらっしゃる

 

 

「色気ってどうやったら出るんですかね」「難しいね、三戸ちゃん何歳だっけ?◯歳?」「…そんな若くないです。◯歳ですよ」「二つ外しただけじゃん。もうちょっと歳とったら出るんじゃない?」それ、適当なこと言ってる時の顔 関西だと最後に「知らんけど」って言う時の顔

 

 

「あの、今日相談したいって呼んだんですけど覚えてますか」「ああ、そう言えばそうだったね」「私から飲みに行こうって言ったの珍しくないですか」「そう?そんなことないんじゃない」なんかすっとぼけられてる気がするな。それにしても今日の私はいつもよりダメさに拍車がかかってるし全然予想通りに進まないな「好きな人がいて、でもその人のことは諦めないといけなくて、そういう時どうすればいいと思いますか?」

 

 

その時なんて答えられたのかあんま覚えてない たぶん「他の人に目を向けるしかない」みたいなこと言ってた気がする「その人のことはいつから好きなの?」「一年くらい前」とか言った 「◯◯?それとも〜〜さんだったりして、あはは」と冗談っぽく会社の人の名前を出す 絶対に私が何を言おうとしているのか気がついている 分かっててかわしている どうしたら良いのか分かんなくなって涙が出てきたら笑ってハンカチ渡された「鼻水つけないでよ」っていつもみたいに喧嘩売ってくるから「つけないです!」と怒った

 

 

会計して店を出た 私がトイレに行ってる間に好きな男が払ってた はぁ、いつもそうなんだよこの人 駅から少し遠いポツンと佇むお肉が美味しい店だった 駅どっちだっけと歩き出す まだ何も言えてない 店選びも、美味しかったけど告白するのにはきっと向いてなくて失敗しちゃったな

 

 

私も好きな男も初めて飲みに行く街だった 飲み屋街ではなくてマンションが建ち並ぶ静かな、店や灯りも少ない街だった 歩道には私と好きな男以外歩く人も見当たらない 歩きながら好きな男が「なんか、寂しい街だね」と言った そうですねと言いながら、初めて来たけど、好きだなぁと思う街でもないけど、こんな日にはおあつらえ向きの街かもしれないと思った 少し前を歩く好きな男が信号待ちで「俺が知ってる人?」と振り返った 心がめちゃくちゃだ

 

 

「わざとやってますか?」「わざとって?」「…あの、ハッキリ言いますけど!さっき話したの、全部◯◯さんのことなんですけど!」怒ってしまった もっと落ち着いて言うつもりだったのに さっき一回引っ込んだ涙がまた溢れ出てきて「今日、めちゃくちゃ勇気を出したんです…」と言ったら抱き締めて頭撫でられて「そうだよね…」ってちっちゃい初めて聞く弱々しい声で言われた すぐ側にちょうど良く小さな灯りのほとんどない誰もいない暗い公園があって、手を引っ張られてベンチに二人で腰掛けた

 

 

さっき借りたハンカチで涙を拭いてぐしゃぐしゃになる私の隣りで好きな男は私の肩を抱いたり背中をさすったり頭を撫でる いつもよりもっともっと優しい初めて聞く声で「他にいると思うけどな…」と呟く

 

 

あなたからしたら本当に大したことないことかもしれないし、特に何か考えてのことではなかったかもしれないけど、私が手伝ってもいない仕事の打ち上げで高級な焼肉屋さんで打ち上げする時に「ろくなもの食べてないって言ってたから」って呼んでくれた時や休みの日にも「ちゃんとご飯食べたかなと思って」とご飯に誘ってくれた時とか、普段も一言二言声をかけてくれるだけで実はすごく嬉しかったり楽しかったんです 魅力ないとかもいつも言ってくるけどすごく優しいなと思ってました 他にも何気ない時に気にかけてくれてるのかなと思う時がいっぱいあって、本当に嬉しかったんです

 

 

いつもだったら「別に気にかけてねぇよ」とか言って笑うであろう好きな男が「そうだよ、いつも気にかけてるよ」とあまりにも優しく言ったので胸がいっぱいになってしまった

 

 

好きな男は何回も「他にいっぱいいい人がいると思う」と言った 他の人とご飯とか行ったりもしたんですけどやっぱり◯◯さんがいいなと思っちゃうんですと返した

 

 

「狭い世界にいるからそう思うだけで、きっともっともっと外に出て色んなことやったりしたらいい人なんかいっぱい居るよ。一つのことだけ見てたらダメだよ。三戸ちゃんは結構こうだと思って決めつけることが多いけど、決めつけてもあんまり良いことないと思うよ。三戸ちゃんは若いからまだまだこれからなんだよ」そう思う。自分で分かっている。会社にも、外にもいっぱい人がいる。もっといろんな人と関わっていろんなことを知らなきゃいけない。きっともっと好きだと思えたり、たまらなく好きではないかもしれないけど普通に楽しく幸せに一緒になれる人も居るし、もっと楽しいことだって沢山ある。それでも今この瞬間、この狭い狭い世界で出会った中でもあなたよりかっこいい見た目の人やお金を持った人や悪態つかずに優しくしてくれる人や結婚していない人が居る中で、あなたのことがこんなにも大好きで苦しんでいる

 

 

「こんな悪い男好きになっちゃダメだよ。全然優しくなんかないし。今も三戸ちゃんのおっぱい触ろうか太ももにしようかとか考えてるだけだよ」って言われた 会社の人も冗談っぽく好きな男のことをよく悪い男だと言う 自分で悪い男って言う人が悪いわけないと思うけどなぁ 私の気持ちにたぶん気づきながらずっと優しくしてきたのはもしかするとちょっと悪いかもしれないし、いつも意地悪だとかずるいと思うけど、欠点だってあるけど、それでもなんだかんだすごく優しい人だなと思うよ 人として大事にしてもらってた気がするよ

 

 

「言わない後悔より言って後悔だと思って言ったんですけど、言わなきゃ良かったかもしれない、と思いました」「なんで?言わなきゃ良かったなんてことは絶対にないと思う」

 

 

好きな男が自分に対して言われてることなのに「そんなに人を思えるのってすごい」とか「いいな、俺も三戸ちゃんと同じ年くらいに戻りたくなった」とか言う いい歳して子どもみたいな私に反して大人の余裕だなぁと思う きっとそこも好きで、でもそれはたとえ周りから言われるくらい仲良しでも永遠に越えられない壁みたいなもので、途方に暮れる

 

 

好きな男が何回か「タイミングがあるからね…」と言った もしも、好きな男が結婚していなかった時に出会っていたら、と少しだけ思ってしまったし、口に出しそうになってしまった けどもしもなんかはなくて、現実にはタイムマシンもパラレルワールドもなくて、そういう運命なのだ 好きな男が結婚して今の会社に入って、私が会社に入って、だからこそ出会えて、そうじゃないときっと出会うことはなくて、たまにそういうことを考えて心がめちゃくちゃになる

 

 

いつも散々「魅力がない」って言うくせに「三戸ちゃんは魅力的だから大丈夫だよ」と頭を撫でてくれた 冗談でいつも言ってくるのは分かっていた 最初から終わってるみたいな恋だから何もかも諦めていたけどずっと欲を言えば「大丈夫だよ」と言って抱き締めて頭を撫でてほしかった 他の誰かに言われるのではなく、あなたに大丈夫と言ってもらいたかった デートした訳でもキスした訳でもなくて、そんな大したことじゃないものだと思う でもきっと一番欲しいと願っていたものだった気がする

 

 

「自信を持てたら魅力に繋がると思うんです。でもどうやったら自信がつくのか分からなくて」「なんで持てないかなぁ。自信もったらいいと思うんだけどな」

 

 

「何がいいかなぁ。運動とか、体鍛えると良いと思うんだけど。ジムとか行ったらどう?三戸ちゃんが機具みたいなのに挟まったりしてさ、困ってたらいい男がきっと助けてくれるよ、あはは」こんな時でもいつもみたいに話してくるなぁと思った

 

 

「…落ち着いた?とりあえずどうすることに決めた?」「えっ、うーん…やっぱ、ジムに…行こうかな…?まぁ運動みたいなのは何かしたいと思ってたからちょうどいいのかな…?」「ジムとかでさ、好きな人とか彼氏できたら報告してよ。相談とかもあったら聞くし」そんな簡単にできるかよ、こんなに自分のことを今も好きな人間にそんなこと言うかよともちょっと思うけど、どうしようもなく優しさなんだろうな

 

 

「来週からいつも通り接することができるか不安でギリギリまで伝えるか悩みました」「なんで?俺は別に普通に話せるけど」「いや…◯◯さんはそうだと思うけど!私が色々考えちゃうかなって」「いつも思うけど三戸ちゃん余計なこと考えすぎ。考えても仕方ないじゃん。その時にならないとどうなるかなんて分からないよ。なるようにしかならないし、どうにもならない時はどうにもならないだけの話」「どうにもならない時はどうにもならないんだ…」「だってそうでしょ?だから何も考えないこと。それでジムに行って体を鍛える。他のことに目を向けること。分かった?できる?」「うーん…できるか分からないけど、頑張ります」「三戸ちゃんお得意のうーんが出たね」「あはは、あ〜なんか今日ずっと◯◯さんの手のひらで転がされてる気がする…」

 

 

どうやら公園で2時間以上泣いてたらしい 好きな男が「さすがに泣きすぎ」「ベンチの後ろにあった葉っぱずっと刺さってきててすごいチクチクしたんだけど」と文句を言ってきた いつもは反論するけどさすがに申し訳なくて素直にすみませんと言った 自分でもびっくりする コンビニ行こっかと近くのコンビニに向かった

 

 

コンビニで好きな男がトイレに行ってる間、話している間に「これお土産」とどさくさに紛れて雑にカバンに入れられた旅行のお土産が何だったのか眺める 普通の、たぶん何冊かセットでお土産屋に売られているような小さめのノートとパッケージが少しかわいい感じのオイルバーム 前に他の人にお土産と言って海外の歯磨き粉渡してた時も思ったけど、服などのセンスがいいわりにお土産のセンスが謎すぎる

 

 

好きな男 いつも飲んでる時遅くなってくると奥さんと連絡とるけど一回も電話しなかったな ほぼ全く携帯を触らなかったな この夜だけは私と向き合ってくれたのかな 一生分かんないけど 気のせいかもしれないけど

 

 

私が「ビンタされたとか離婚しようって定期的に言われるとかずっと一緒に居るから飽きたなんて言ってるけど、今も一年に一回でも一緒に旅行するくらい仲良くて、お互い文句言いつつもお互いのことをずっと大事にしてて一緒にいてっていうのがすごく素敵なことだと思うんです。私の両親は離婚していて仲が良いところも見たことがなかったから、そういうのに憧れます。一人の人を長い間大切にするってだれにでも出来ることではないんです。だからそれが出来るところも含めて◯◯さんのことが素敵だと思ったんです」と話した時珍しくずっと無言で話を聞いていた。「別に(奥さんと)仲悪いなんて言ってないよ」とポツリと言った。やっぱりなんだかんだお互い文句を言いつつも、始まりは軽い気持ちで付き合ったつもりでも、今じゃ新鮮さがなくても、一緒に過ごした時間が二人のすべてなのだ。一緒に居るのが当たり前になって、お互いかけがえのない存在になっている。勝てると思ったことはないけど、勝ち負けではそもそもないけど、あぁ、本当に勝てないなとその時痛感した。知り合いで不倫をしていた子がいる。「奥さんが厳しくて私とは趣味の話も合って落ち着くって言うし、お互い本当に愛し合っている」というような話をまるで自分が勝っている、自分が一番なんだというように楽しそうにしていたのを覚えている。ほとんどの場合、そんなことあるわけがない。若い女に手を出す男はいっぱい居るけど、ほぼみんな最終的には家庭を選ぶ。人生を共にするって、本当にすごいことで。ずっと最初から変わらず仲良く上手くやっていけるなんて人はきっと少ないけど、それでも何年何十年と一緒に生きてる人と同じ土俵に立てるわけがない。

 

 

コンビニで缶ビールを買ってくれた 好きな男はサッポロ、私はエビス 店の隣にちょうど腰掛けられるような所があってそこに座った こんなの学生みたいだな「これ飲んだら帰ろっか」「そうですね」あぁ、二人だけの夜が終わっちゃうな

 

 

昼は30度に差しかかろうとしているくらいの暑さだというのにまだ夏と言うのには早くて夜中はさすがに冷える 計画性もなく上着を持ってこなかった半袖の服で寒いと言う私に好きな男が着てたジャケットを肩にかけてくれた 好きな男もジャケット脱いだら半袖なのに 急に温かくなった なんかこんなの、いいな ドラマとかそういうのみたいだな

 

 

「さっき抱き締めた時とかに思ったけど、三戸ちゃん思ってた以上におっぱいないなと思った」
「うるさいな!気にしてるんだからわざわざ言わないでくださいよ」
「あはは、気にしてるんだ」
「…今日、ホテルに連れて行こうとしたりすることもあるのかなぁなんて思ったりしたんですけど、なかったから、ちゃんとしてるなって思いました」
「…あはは、そう?じゃあ行くとしたら次だね」
「………寒くないですか?」
「寒いよ。…まぁ、なんかまた相談したいこととか落ち込むこととかあったらさ、言ってきてよ。俺が慰めるよ」
「悪い意味で?」
「あはは!どうかな。まぁ、今日太ももとか触り損ねたしね」
「…今日、泣き疲れちゃいました」
「はは、あんだけ泣いたらそうだろうね。俺も疲れたよ。もう一時だね。眠い…」
「…もし、もっと遅くまで開いてる飲み屋がいっぱいあるような所に誘ってたら、朝まで付き合ってくれましたか?」
「…いやー、朝まではキツイかな。もうおじさんだからさ、あはは」
「あはは、そうですよね〜」
「……」
「……」
「……じゃ、帰ろっか」
「はい!……タクシー来ますかね……お、ちょうど来た」
「タクシー代、カバンに突っ込んどいた。…じゃあね」

 

 

タクシーに乗ってから振り返って好きな男に手を振ったりはしなかった あの後すぐ他のタクシーを捕まえて無事に家に帰れたかな 風邪ひいてないかな 運転手とは目的地を告げてから一言も話さなかった タクシーの中で泣きじゃくるかと思ったら全く泣かなかった ずっと景色を見ていた気がするけど何一つ覚えていない 何を考えながら車に揺られていたのかも覚えていない

 

 

家に帰ってもうひと泣きして疲れて気づいたら眠っていた 朝早くに起きてボーッとコーヒーを飲みながら夜のことを思い出していたら、昨日の夜は言わなきゃ良かったって思ってたのに、奥さんの話とか自分の話とか思ってることはほとんど話してくれなかったなとか少し不満を感じていたのに、あぁ、とんでもなく最高の夜だったな、今までの人生で一番素敵な日だった、心の底から自分の気持ちを伝えて本当に良かったなと思ってまた泣けてきてしまった

 

 

人生で初めて血も繋がらない、出会って一年半の他人に、傷つくことを分かりながら勇気を出して嘘偽りのない自分の気持ちを伝えて、それに誠実に応えてもらえた気がする こんなに幸せなことがあるか、と思う 好きでいても報われない虚しい恋だと最初から思っていた でも、報われたなと思う 全く虚しいことなんかなくて、私にとって今までの人生で一番かもしれないくらい意味のあるものだった こんなに辛いけど、なんだか少しだけ前向きに進んでいけそうな気がする きっと他の人のことだって愛せる気がする 伝える前はもう好きな男と飲むことはないかな、仕事を辞めたら会うこともないのかなとか思ってたけど、もっといい女になって、いい男を捕まえたよ、幸せになったよ、大丈夫になったよとか、いつか飲みながら話せたらいいな まぁ、結婚だけが人生のすべてではないから、結婚しないにしてもいい女になったなと思われないと 好きな男の前で胸を張れる自分になりたいな これからどうしよう、とりあえずジムに通おうか 続かないかもしれないし、いい男は見つからないかもしれないけど

 

 

次に会社で会う時、普通に話せそうな気もするし、少し不安な気もするし、仕事中ふとした時に泣いてしまうかもしれないけど、どうかな まぁ、なるようにしかならないか とりあえずまた飲みに行きましょうねって言おうかな

 

 

あの日の夜、三戸ちゃんはたぶん結構ネチネチしたタイプだよねと言われてさすが、バレてるな〜と笑った ネチネチしてるからこんなに人に執着して好きになって気持ちを伝えたくて、自分の魂を救いたくてこんなネチネチ長い文章を書いてるんだよ 自分でも重くて面倒な女だと思う でも、ゆっくりでも他のことに目を向けてみるよ 全然タイプじゃない年の離れた結婚してる人をうっかりこんなに好きになることもあるんだもんな〜人生何があるか本当に分からないね きっと生きてたら他にも予想もしない出会いとか出来事があるんだろうね

 

 

長くなっちゃった 次に好きな男に会うの不安もあるけど、なんか、楽しみだな 文句言われるからこれからはこんなに好きな男の話ネチネチしちゃダメだな

 

 

 

 

最後タクシーに乗り込む直前、肩にかけられたジャケットを後ろから回収されて「あ〜ジャケット回収されちゃいました」って振り返った時、じゃあねと好きな男が優しく笑った顔、ずっと忘れられないんだろうなぁ

 


好きな男に言ったら笑ってバカにされるから秘密にしておこうっと

好きな男について3

好きな男についてのメモ、そんなに溜まってないけど載せます

 

_

 

ある問題を他の人に助けてもらおうと電話をかけるもみんな繋がらなくてどうしようと不安になり好きな男に電話して「みんな電話繋がらないんです〜誰かに手伝ってもらわないと無理なのに…」とメソメソした声で弱音を吐きまくったら「あはは、こうしたら良いと思うよ。大丈夫?」って優しい声で言ってきて泣きそうになってしまった

 

 

好きな男が簡単な解決法を提示してくれたから「大丈夫です。ありがとうございます」って言ったのにその後わざわざ「さっきの解決した?そう、それなら良かった。はは、じゃあね」って出先からそれだけのために電話して来てくれて優しくてやっぱり大好きだなと思って幸せだし苦しかった

 

 

好きな男 恋愛関係の話になると「三戸ちゃんはまるでダメ」みたいなことをよく言ってくるので「魅力がねぇって?うるせぇ〜んだよ!笑」と返してみたら「そこまで言ってないよ」と言ってきたので「ちょっと言いすぎたからフォローしとこうと思ったの?」って聞いたら「うん」と言ってて笑った

 

 

好きな男が出先から電話かけてきて「俺の席の所に財布ある?」と言われ「ある!嘘でしょ、財布忘れたんですか!?」と驚いてたら「ちょっと、おっきい声で言ったら他の人にも聞こえるからやめてよ(笑)それさぁ、夕方くらいに会社戻るからそれまで持ってて」と頼まれて「こいつなら何でも言うこと聞いてくれるだろう」とか思ってるのかもしれないけど、他にもいっぱい人は居るし私と好きな男は所属する部署すら違うのに私のことを結構信頼してくれてるんだなとちょっとだけ嬉しかった

 

 

預かってた財布を「カードとかも入ってて危ないから財布はちゃんと持ってなきゃダメですよ」と言いながら返したらヘラヘラ笑って、でも少しバツ悪そうに「そうだね」と言っていた めちゃくちゃ金稼いでるのにすぐ財布をなくしたり忘れる

 

 

好きな男 私が仕事で「砂糖と塩を間違えて入れて料理を作る」くらいの初歩的なミスをしても傷つくような言い方しないで「ちょっと、なんでこうなっちゃったの!笑」と笑いながら指摘してくれるからいいな

 

 

好きな男が「ここは◯◯で〜」と知らない言葉を言ったので「◯◯って何?」と聞いたら説明してくれたけどよく分からなかったので「後で調べます」と言ったら「えらいじゃん」と褒められた

 

 

手伝ってた仕事が思ってたより納期長くて「え〜明日出かける時持って行くと思ったからめちゃくちゃ頑張って今日終わらせようとしてましたよ」と言ったら「えらいじゃん」と褒められた(えらいじゃんシリーズ)

 

 

好きな男に提出した資料がほぼ修正箇所が出てこなくて「今回ほぼ修正ないですよ!優秀じゃないですか?」と言ったら「ね!急に優秀になった!あはは」と褒められて良かった

 

 

他の人に「◯◯さん(好きな男)といる時の三戸ちゃんが一番自然体な気がする」と言われて泣きそうになったことがある そう、好きな男といる時は好き放題話せて、自分を一つも飾らなくて良くて、それで、

 

 

‪この前好きな男に「人生どこで間違えたんだろってよく思います」と言ったら冗談で「最初からじゃない?」と言われて私はいつもの冗談だと思って聞いてたから別に傷つきはしなかったんだけど、その後初めて父親がいない話をポロっとしたら「そうだったんだ。さっきあんな酷いこと言っちゃったな」みたいな顔してて、意地悪とか冗談ばっか言うのに本当は優しいんだよな‬

 

 

三人で飲みに行った時一人が席を外している間、好きな男はいつも急にあんまり喋らなくなる 私も急に喋らなくなる 好きな男以外の前では自分を取り繕っているから、他の人が居なくなった途端好きな男がそんな私を見ながら笑ったり人の目を見るのが苦手な私に「ちゃんと目見てよ」とか言う

 

 

好きな男はよく意地悪を言ってくるけど、他のよく意地悪を言ってくる上司に「三戸ちゃんは生きるのが下手だし話すのトロいし見ててイライラする」と言われた時にそれに全くノらなかった 誰よりも一緒にいるから一番私が生きるのが下手で社会に適合していないことは分かっているはずなのに

 

 

好きな男に作った資料をチェックしてもらってたら「ここをこうすると色々上手くいかなくなってくるんだよな…」とか言うので「こうしたら良いんじゃないですか?」と言ったら「珍しく良いこと言うじゃん」と褒められ「珍しくってどういうことだよ」と怒った

 

 

好きな男に好きって言いたいな 言っても本当にどうにもなんないし、困らせるかもしれないし、ただの自己満足にしかならないけど好きって言いたい 付き合いたいとかデートをしてほしいみたいな願望はそんなにない 一緒に出かけたら楽しいかなとは思ったりするけど ただ気持ちを知ってほしい いつも嘘みたいな些細なことで救われていたのだと でも一つだけ願いがある どうか私のことを何年経ってもかすかに覚えていてほしい「なんか昔俺に懐いてた子が居たなぁ。頭悪くて生きるのも下手くそで、それでもちょっと可愛げのある子だったな」とか思われたい

 

 

酒に酔い好きな男の肩を肘置きにする(?!)などしたら「ボディータッチの仕方がかわいくなさすぎる。三戸ちゃんのボディータッチは海賊」と言われて良かった

 

 

好きな男に「最近マジで真剣に考えるんですけど私どうやったら幸せになれるんですか?!え?!人生に救いがない!どうしたらいい?!助けてほしいんすけど!」と絡んで(嘘でしょ?)「魅力がねぇんだよ」と言われて良かったな

 

 

好きな男ともう一人仲良い先輩と飲んでたんだけど私が「周りの人間はみんな心から幸せだと感じているのだろうか?これからの人生で幸せはやってくるのだろうか?など考える」と言ったら先輩が「なに?宗教?」と言い、好きな男が「いい教会教えようか?」と言ってきたのほんと良かった 祈りを捧げに行くから教えてほしい

 

 

あと半年くらいのうちに好きな男に好きって言おうかなと思う 付き合いたいとかキスしたいとかではなく単純にすごく好きで救われていると

 

 

好きな男 私に友達がいないと思っているので「今度友達と旅行いくんですよ」みたいな話したらいつも「え?友達いるの?」って言ってくる

 

 

好きな男 もともと優しいのだけどポロっと父親がいない話をしてからより優しくなった気がしてなんか泣けちゃうんだよな なんか私が勝手にそう感じてるだけなんだけど、片親だから可哀想とかそういう同情の優しさとはまた別で

 

 

好きな男 私が弁当箱洗ってたらいつも「今日は弁当なんだ。えらいじゃん」と話しかけてくるし、コーヒー買いに行こ〜と財布持って出かけようとしたら「どこ行くの」って話しかけてくる よく話しかけて構ってくれて嬉しい

 

 

「相手といる時の自分が好きか、が大切」というツイートがバズった 私は好きな男といる時の自分しか好きじゃない

 

 

好きな男がGW前「連休することない…」と言ったら同世代の男が「じゃあ遊びます?」と言ってあげてて遊びに行く約束しててかわいかったな 私もラスト2日は東京いるから「じゃあ飲みに行きましょうよ〜」とか誘いたかったけどできんかったな

 

 

‪今日好きな男の部下の最近入った人に「慣れましたか?いじめられてないですか?笑」と冗談を言ったら好きな男に「俺がいじめると思ってんの!笑」と言われ「◯◯さんはいじめては来ないですが、たまに仕事任せて放ったらかしにしてくるからそこが大変かも」と言ったら好きな男の下で数年働いてる先輩が「あはは、◯◯さんのことめちゃくちゃよく分かってるね」と言ってきたのがちょっとだけ嬉しかった‬

 

 

‪好きな男優しいんよ 部下に「何か手伝うことある?大丈夫?」って聞いてる姿を見るのが好き

 

‪好きな男も私も寂しがりやで構ってもらえると嬉しいタイプだからお互いちょっかいかけまくってしまう‬

 

 

‪好きな男たまに何も言わないで優しくニコニコして私のこと見てくる時がある それがすごく好き ボロクソ言われるけどいつも優しく見守ってくれる‬

 

 

‪好きな男はほとんど会社を休んだり出張したりはしない だからたまに休んだり出張してると悲しい 好きな男が一日いないだけでこんな違うものかと思う‬

 

 

‪好きな男 年上の部下のフォローも文句一つ言わないでその人が見てないところでやってる かっこいいね‬

 

 

‪好きな男はショートメールでいつも10文字くらいの短い文章しか送ってこない 変換すらしてなくて全部ひらがなの時もある 胸がときめくようなことを送ってこられたことはない ただの普通の会話 どこにいるの、とかどこで待ち合わせだとか でもそんなのが宝物で何回か見返したりしちゃうんだよ 重くてどうしようもない女ですね‬

 

 

好きな男に好きと伝える日を決めたのだが、ワクワクするな 笑いながら「ほんとに?」と驚くだろうか、「ごめんね」と申し訳なさそうな顔をするだろうか なんと言ってどんな顔をするだろう それが最も当てるのが難しくて今一番楽しみなことです

 

 

好きな男に思ってること後悔なく全部伝えられたらいいな 私はインターネットにはそれなりに素直な気持ちを書いたりするのだけど、現実で思ってることを正直に話すことは相手が家族や友人でも本当に少ないから勇気を出すのはめちゃくちゃ怖いな けど、どんな顔するかなとかなんて言うかなって想像するのは楽しい めいっぱい傷つくかもしれないのに、一つ何かが終わってしまうかもしれないのに、楽しみでたまらない 深呼吸して落ち着いて話すぞ

 

 

 

この話を書き始めてから嬉しいメッセージをくださった方が何人かいたので、自分のためだけにiPhoneのメモ帳に書いてたけどこうやって他の人が見れるようにして良かったなって思いました ありがとうございます
想いを伝えた後のこと、書けないかもしれないけど、うまく文章にできた時にはいつかまた話しますね

わかんないんだよな

子どもの頃から何一つ理解できたものなんてないのかもしれない。他人がわかるわけもないけど、人の気持ちが本当にわからないなとよく思う。

 

 

幼稚園から小学校低学年くらいまで仲良くしていた家庭的な事情で児童養護施設で育った、私以外とはほとんど喋らないし私も笑った顔をほとんど見たことがなかったくらい人に心を開かなかったMちゃんは、ほとんど喋らないし笑わなかったけど、私といて楽しかったのだろうか。

 

小学生の体育の授業でサッカーをした時に運動音痴でトロい私はびっくりするくらい役に立たなくて、それがいつも仲良くしてたちょっと気が強い女の子の気に障ったみたいで授業終わりその子が他の友達を引き連れて先に教室に帰ったから一人ぼっちでサッカーボールを倉庫に片付けに行ったんだけど、他にも私と同じくらい運動ができない子は何人かいたのに彼女は私の何がそんなに気に食わなかったんだろうか。

 

中学生の頃みんなでプールに行ったりお泊りをしたり三年間ずっと一緒にいたのに今ではSNSで何人か繋がっていいねを押す程度の関係になった部活の友達は順風満帆な普通の幸福な人生を歩むその目で今の私をどんな風に見ているのだろうか。何も考えず何も見ずに反射的にハートマークをタップするのだろうか。

 

心を病んで1〜2ヶ月で不登校になり、夏に辞めた最初に通っていた高校に最後書類を書いて置きっ放しだった持ち物を取りに行った日に担任が「せっかくだから」と行かなかった体育祭のクラスTシャツを渡してきた時、学校が嫌で苦しくてたまらなかった私にどんな気持ちでそれを渡してきたのだろう。私の陰口を言っていたクラスメイトは全員分の名前が入ったカラフルなデザインのクラスTシャツを着て体育祭をどんな気持ちで楽しんだのだろうか。

 

転校した高校で初日に声をかけてくれて仲良くなった当時流行っていた雑誌のagehaから出てきたみたいな明るいギャルは大学生になっても仲良くしていたけれど、何一つ同じところのない私となんで仲良くしていたのだろう。芋くさい私に「これいいよ!似合うと思う!」とイヴサンローランのリップを塗ってくれた時「もっと着飾りなよ」と思っていただろうか。何もかもが正反対なのになんで一緒にいてあんなに楽しくて居心地が良かったのだろうか。

 

大学の時好きだった男の子は、明るくてかっこよくて自然と周りに人が集まってくるような人気者だったけれど、なんで他にもっとかわいい女の子達がいたのに私と特に仲良くしてくれたんだろう。いつもみんなと笑顔で上手くやるくせになんで私の前でボソッと「あいつもあいつも本当は苦手」と教えてきたのだろう。どんな気持ちで私が落ち込んだ時に焼肉やケーキを用意して家で待っていただろうか。

 

私をよく気にかけてくれたゼミの先生は私の作品を面白いと言ってクラスで私にだけコンペみたいなのを教えてくれてそれに向けて二人で色々考えて作品を出したけれど通らなかった時、期待はずれだと思っただろうか。卒業制作もろくなものを作れなくて少しつまらなかっただろうか。

 

初めて入った会社を辞めた時の送別会で仲が良かった年下の男の子がほとんどお酒が飲めないのにその日は結構飲んで酔っ払って「辞めるの寂しいよ。三戸さんも俺に会えなくなるの寂しいでしょ?」と甘えてきた時、甘えたらコロッと落ちそうな女だとか思っていただろうか。彼女と別れたてで寂しかっただろうか。

 

居酒屋で働いていた時、初めて来店した時に仕事に慣れず尋常じゃなく怒られまくる私のことを気にかけて「どうしてるか気になって。辞めてたらちょっと悲しいな、頑張ってほしいなと思ってまた来てみた」と話した優しいカップルは私が辞めた後あの店に行くことはあっただろうか。私が居なくなった店で「辞めちゃったんだ」なんて話しただろうか。

 

 

誰の気持ちもわかるわけないのに勝手によく予想や想像をしてしまう。それは当たってるかもしれないし全然的外れかもしれない。

 

私はよく「何を考えているかわからない」と言われる。私もみんなのことがわからないし、みんなも私のことがわからない。それが当たり前でそれでいいのかもしれないけど、きっとお互い何もわからないまま終わるのって「無意味」な気がする。わからないなりに人の気持ちをなんとなく理解したい。自分の気持ちを少しだけわかってほしい。

 

みんな、どんな気持ちで今日を生きてる?

好きな男について2

好きな男のメモがまた溜まってきたので貼ります。

 

_

 

好きな男 以前「弁当を頑張って作ったので褒めてくださいアピール」をしてから体調不良や残業で弁当が作れなかった日に毎回「今日弁当じゃないじゃん」と意地悪を言ってくるようになった

 

 

ちょっとだけ残業頑張って帰りたすぎて好きな男に「帰ります!これチェックしといてください!」と作った資料渡して帰ろうとしたら「21時まで居ない?」と冗談を言ってきてかわいかった

 

 

好きな男が「資料◯◯のとこAにしてくれた?」と言うので「さっきBって言ったじゃないですか」と言ったら「ごめんね」と珍しく素直に謝ってきて良かった

 

 

好きな男が出先から「今メールで送ったデータ見れる?」と電話してきたが一向にメールが来ないので「全然来ないですよ。データが重いと送るのに時間かかるからそういうのじゃないですか」と言ったら「なに、馬鹿にしてんの?(それくらい知ってるんだけどみたいな声)」と言ってきて「してない!」と笑ったら好きな男も笑ってた

 

 

好きな男はめちゃくちゃ電子機器やインターネットに疎いのに私が分からないことがあった時に偉そうに「今はグーグルっていう便利なものがあって検索すると簡単に出てくるんだよ」とにやにや意地悪を言ってきたので「馬鹿にしてんの!?」と笑いながら怒った 好きな男も楽しそうに笑ってたのでハッピーエンドです

 

 

私は話すのがトロく語尾が伸びる感じで昔からそれが結構コンプレックスなんだけど好きな男は「三戸ちゃんは優しそうな話し方をしてて良いよね」と急に言ってきてほんの少し泣きそうになったことがある「優しい話し方?そうなんですかね〜?」と返したら「『そうなんですかね〜』あはは」と真似をしてにこにこ優しく笑ったので胸がいっぱいになったことがある

 

 

好きな男の好きなところ どれだけ私がポンコツでも見捨てないでいてくれるところ

 

 

好きな男が好きな気持ちでいっぱいで何回も泣いている

 

 

好きな男はいっぱい意地悪を言ってくるけど私が本当に傷ついたり嫌がるような言葉は絶対に言わない

 

 

好きな男は物をなくしたり話を忘れたり、ほとんど関わらない違う部署の人の名前がなかなか浮かばなかったりする たとえば私が居なくなっても「あんな子居たなぁ」くらいは覚えていてくれるだろうか 記憶の片隅に少しでも残る存在になれるだろうか 不毛なのでこの話は終わります

 

 

好きな男との会話が面白いとかコントみたいとよく周りから言われる 漫才コンビを組みたい やめさせてもらうわ どうもありがとうございました ゆうてね

 

 

好きな男に名前の由来を聞かれて美しいという字が入ってるから「なんで◯◯なんですかね?美しかったからじゃないですかワハハ」と冗談で言ったら半分本気と捉えられたのか「とんだイカれ女だ」みたいな目をされて良かった

 

 

好きな男に「◯◯さんが席に戻って来たら〜〜って伝えといて」と頼まれたのにすっかり忘れてて好きな男が「三戸ちゃん、さっきの伝えてくれた?」って言われて「あ!」と言ったら「ほんと仕方ないやつだな」みたいな感じで笑われて怒られず終わった(反省します)

 

 

好きな男は私の作った資料に対して「センスがない!」とか他の人に「聞いてよ。三戸ちゃんの資料さぁ、いっつもひどいんだよ」とかボロクソ言う でも「こっちは良いじゃん」とか直したら「良くなったじゃん」とか言う 飴と鞭が上手い

 

 

好きな男は私がポンコツなミスをした時に「もう、勘弁してよ」とケラケラ笑ったことがある

 

 

好きな男はよく私の顔見たり声聞いて急にははって楽しそうに笑うのがいい

 

 

好きな男は私が寂しがりなこととか自分に懐いてることを分かっていてよく声をかけたりちょっかいかけたりしてくる 好きな男は他人に興味がないし、私にも興味はないと思う でも慕ってくるからちょっと可愛がろうとか声かけて気にかけてあげようとかしてるんだろう きっと優しい人なんだと思う すごく

 

 

これはなかなか自分でも気持ち悪いと少しビビるのですが、好きな男 姿が見えなくても足音で誰だか分かるんですよね 意識して覚えようとかいつも聞き耳立てているわけでもないのに 怖っ

 

 

好きな男は酒を飲んでいる時の記憶が大体ないので私だけが覚えていることなのですが、初めて一緒に酒を飲んだ時に「かわいいね」って言ってもらった

 

 

好きな男のたぶん一番好きだと思うところを言います 一緒に笑うのが楽しいところです

 

 

好きな男 私が弁当を作っていない日に「今日弁当じゃないじゃん」と毎回ちょっかいをかけてくるので久しぶりに作った日に自ら「今日お弁当作りましたよ!昨日も作ったし!」とアピりまくったらめちゃくちゃ笑ってたので良かったです

 

 

好きな男 面倒なことを押し付けてきたりろくな説明もなく仕事振って放ったらかしにしてきたりするが、仕事の相談や質問をしたら自分が関係ない話でも「これ◯◯さんに確認しておいた方がいいんじゃない?」と言ってくれたり参考資料を印刷して渡してくれたりもします

 

 

周りの人に「◯◯さんと仲良しだよね」と言われる度にえへへと思う

 

 

好きな男が「ティッシュちょうだい。ご飯粒ついちゃった」って言ってきて見たらランチに行った店で靴にご飯粒いっぱいつけて帰って来たみたいで謎すぎて笑い転げた

 

 

転勤が決まって好きな男と会えなくなるのが寂しくて仕事中一人ひっそりと泣いてしまった

 

 

部下がやらかしてボコボコに怒られた日の好きな男に「元気ですか」と聞いたら「全っ然元気じゃないよ!◯◯がミスしてさぁ〜」と言ってきて「元気ないなと思って。さっきめちゃくちゃ怒られてるな〜って思いました。あはは」と笑ったら「怒られちゃったよあはは」と笑ってた わろてる場合か

 

 

好きな男とばったり鉢合わせして数秒見つめ合い謎の沈黙が流れた後笑った

 

 

昼休憩終わり好きな男に「おでこ赤くなってるよ」と笑われて「さっきまでうつ伏せで寝てたから…」と言った 恥

 

 

「転勤するからみんなに会えなくなるの寂しい〜」ってみんなに聞こえるでかい声でメソメソ言う私に私の気も知らずケラケラ笑ってた

 

 

「転勤先のメンバー濃すぎてやっていけるか不安なんですが…」と言ったら好きな男に「三戸ちゃんがそれ言う?」と言われて良かった

 

 

好きな男が初めて仕事以外で休みの日に電話してきてびっくりした「今から◯◯で飲もうと思うんだけど来ない?」とだけ。えー!そんな急に!もっと早く言ってよ!と思いながらも嬉しくて急いで用意して雨の中家を飛び出た まるで犬

 

 

「(冗談だけど)◯◯さんからは会社のアイドルって言ってもらえたことがあるんですよ」と言ったら好きな男が「そんなわけないでしょ。それは調子に乗りすぎ。アイドルだとしても地下4階くらいのアイドルでしょ」と言ってきてかなり良かった

 

 

好きな男が「三戸ちゃんどうせ彼氏もいないし休みの日することもないだろうし家近いし、ご飯いつもコンビニとか弁当買うとか言ってたじゃん。だから今日はもうご飯食べたのかなって思って呼んだ」と言ってきて、この人いつもそうなんだよなぁと胸が締めつけられてしまった ありがとう

 

 

シーザーサラダ取り分けてくれて嬉しかったな 何か食べたいものないの、あれ美味しいから頼めば、これ食べなとか言ってきて嬉しかったな 嬉しいことばかり

 

 

料理取り分けるのとかもっとやった方がいいよ、とか言うけどシーザーサラダ自分から私の分取り分けてくれる

 

 

朝起きるのが苦手だから「朝一言でいいから電話かけてくださいよ〜」と冗談だけど勇気を出して言ってみたら「あはは、かけようか?」って笑ってたけど絶対かけてくれないから孤独な私は頑張って一人で起きれるようにならないと

 

 

「◯◯さんがご馳走してくれるラッキーと思って来ました」と言ったら「はぁ?三戸ちゃんが払ってくれるんでしょ。払ってよ」「はぁ?払わないよ!◯◯さんめちゃくちゃ稼いでるくせに!」とヤイヤイした

 

 

私が見てないところでよく会計済ませてる 財布なくしてお金貸してとか言ってくるくせにスマートだね

 

 

よく冗談っぽく「俺優しいでしょ」とか言ってくるから「そこそこ優しいけど一番じゃないよ!」とか笑って返すけどきっと一番優しいですよ

 

 

好きな男が「キャバクラ行って三戸ちゃんみたいなの出て来たら嫌だな」と言ってきたので「おい!めちゃくちゃ当たりでしょうが!出て来たら嬉しいでしょ!」と冗談で返したらめちゃくちゃ笑いながら「ふざけんなよ。ハズレだよ」と言ってきて良かった

 

 

私は現実世界で人に冗談を言うのはそんなに得意ではないと思う よっぽど心開かないと好き勝手言葉を発せない 好きな男とはポンポンと冗談を言い合って笑い合えて楽しいし救われる 素を出せる数少ない人間

 

 

好きな男がよく「こいつ〜!」みたいな感じで突っついてきたり私が突っついたりするの楽しいな ずっとこんなんがいい

 

 

好きな男の前だとずっと笑ってて楽しいな 好きな男も元々よく笑うけどいっぱい笑ってて明るい気持ちになるな

 

 

先輩の給料が私とほとんど変わらないことを知って「先輩達はもっと貰ってるんだと思いました。意外と夢がないかも…」と言ったら好きな男が「東京に夢なんかないよ」と言ってきて良かった

 

 

好きな男がApple Watchを買って見せてきたので「なんで機械音痴で使いこなせないのに買ったの?」と言ったら「何でだろうね…」と言ってて良かった

 

 

好きな男は「優しい人なんていっぱい居る。みんな優しいって言ってもいいくらいだよ」とかよく言う。そうだね優しい人なんていっぱい居るけどあなたの優しさが特に好きだよ

 

 

好きな男別にかっこよくない 普通 背も低い でも食生活あんまり良くないのに崩れていないちゃんと筋肉があるシュッとした体型をしていて好き 自分に似合うものがよく分かっていて服の着こなし方がオシャレなところが好き 低くて優しい声が好き よく笑うところが好き 仕事ができるところが好き 部下がミスしたらいくらでも謝りに行くって当たり前のように言うところが好き 大丈夫?の聞き方が優しいのが好き テーブルの端に置いてあるコーヒーの砂糖を取りたそうにしてたらそれに一人だけすぐ気づいて他の人と話しながら当たり前のように無言で取ってくれるところが好き 私が話しかけようかな話したいなと思った時に話しかけてくれるところが好き 人に興味ないって言うくせに私のことをよく気にかけてくれるところが好き 東京の男は悪い男しかいないと言ったり周りから悪い男扱いされるけど全然悪くなくて優しいところが好き お互い好き放題言っても嫌な気持ちになったり怒ったりせず楽しく笑っていられるところが好き ご静聴ありがとうございました